メンズ向け脱毛器おすすめ10選!人気脱毛器の選び方は?

近年、男性の美容ブームの後押しもあり、男性の美容意識の向上が目覚ましく、それによってムダ毛処理にもより注目が集まっています。

家庭用脱毛器に関しても、あらゆる企業から男性にも使用可能なものが発売され、密かに人気を集めています。

しかし、女性が使用するイメージの強い中、どのような製品を選べばよいのか、わからない方も多いのではないでしょうか?。

そんな方のために、この記事では、Amazonなど大手サイトで売れ筋のメンズ向け脱毛器を10個ほどご紹介します!

それだけでなく男性の美容意識の変化の背景や脱毛器の選び方、その他の処理方法との違いなども合わせてご紹介していきます。

メンズ向け脱毛器選びにお悩みの方はぜひチェックしてくださいね。

ツルリオ編集長

ツルリオ編集長

メンズ脱毛専門家

ヒゲをゴリラクリニック、肛門周りをメンズリゼ、ヒザ上下をRINXで脱毛して快適な日々を送っています。

男性の美容意識の変化の背景とは?アンケートも交えながら紹介!

最近話題のムダ毛処理などの男性の美容行為ですが、その背景にはどのようなものがあるのでしょうか?

男性専門の美容医療を行っているゴリラクリニックが2020年に行った調査によると、2014年からの6年間で患者数が全体で34.05倍、脱毛に関していえば31.42倍と大幅に増加していることが分かります。

創業年(2014年10月~2015年9月)から今期までを比較すると、男性患者数は34.05倍に増加(前年比:2.03倍)。
施術別だと【医療脱毛】は31.42倍(前年比:1.99倍)に。【スキンケア治療】は116.72倍(前年比:1.61倍)に増加しています。 

その背景には、世界的に流行している美容に積極的なジェンダーレス化の流れや、男性の美容への一種の敷居が下がったこと、snsの普及によって、自らを発信する機会が増えたことなどが考えられます。

また、高齢の方も将来介護が必要になったときのためにVIOを脱毛したり、いつまでも若々しくいるために処理するなど脱毛の概念がなかった少し上の世代の方までもがムダ毛処理に興味を持っていることが推測されます。

また、男性向け医療脱毛を提供しているメンズリゼが20~30代の男女328名に行った調査によると、「男性の脱毛に抵抗はない」と答えた方は全体の約6割、女性に関しては、「男性の脱毛に抵抗がある」と答えた方と約20%もの差が付く結果となりました。

■【男性の脱毛、どう思う?】男女とも過半数「抵抗なし(男55.5%/女59.2%)」と回答
・①抵抗はない(全体57.3%:男55.5%/女59.2%)②抵抗がある(全体42.7%:男44.5%/女40.8%)

この結果から、ムダ毛処理は男性だけでなく、女性からも好意的にとらえられており、より身近になってきていることを感じます。

夏など露出が増えてくるとすね毛がなくツルツルの状態の男性を見ることも少なくないですし、

アンダーヘアも海外ではエチケットの一環であるハイジニーナと呼ばれる無毛の状態に処理する男性も増えてきており、

これからますます男性のムダ毛処理への意識が高まっていくことが予想されます。

足の毛の処理みんなはどう思っている?

上記のメンズリゼが行った調査の中で、「理想だと思う男性の「足の毛」の状態を教えてください。(単一回答)」という質問に対し、

男女とも「全くお手入れしていない状態」が理想との回答は4割(39.9%)にとどまり、さらに「足の毛は一切いらない」と答えた方は全体の約2割にものぼるという結果になりました。

男女とも「全くお手入れしていない状態」が理想との回答は4割(39.9%)にとどまる

このことから、男女ともに多くの人がすね毛の処理に対して処理していた方が好意的にとらえられることが分かります。

ジーパンやスーツなど長いパンツをはく機会が多い男性にとって、すね毛処理は身近なものなのかもしれませんね。

誰にも聞けない!理想のアンダーヘアの状態はどれ?

気になってもなんとなく周囲に聞きづらいアンダーヘア処理ですが、周りはどの状態までの処理が理想だと感じているのでしょうか?

メンズリゼが行った調査の中で、「理想だと思う男性の「アンダーヘア」の状態を教えてください。(単一回答)」という質問に対し、

「手入れした方がいい派」が全体の64.9%を占めるという結果となりました。

・全くお手入れしていない状態 35.1%(男性35.4%/女性34.8%)
・適度に手入れされた状態 37.5%(男性32.3%/女性42.7%)
・形や濃さなど整えられた状態 12.2%(男性13.4%/女性11.0%)
・アンダーヘアは一切いらない 15.2%(男性18.9%/女性11.6%)

最近は、恋人からアンダーヘアの処理を頼まれるケースもあり、男女ともにアンダーヘアの処理の需要が高まってきていることが分かります。

また、「アンダーヘアは一切いらない」と答えた方も全体の15.2%おり、ハイジニーナに関しても、以外にも多くの方からの票を獲得しています。

ボクサータイプの下着を着ることも多く、蒸れや匂いが起きやすい男性も、アンダーヘア処理を行うことで、清潔感を保つことができます。

ですが、柔らかい部位の為、処理方法を間違えると、肌荒れを起こしたり、毛が中で埋まってしまったりとトラブルの原因にもなりかねません。

下記記事では、おすすめのアンダーヘアの処理方法についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

>男の陰毛処理おすすめ5選!アンダーヘア(VIO)をキレイにするには?

正直、周りはムダ毛処理をどれくらい意識してるの?

男性のムダ毛処理が一般的になりつつあるといっても、実際での程度の男性が意識しているのでしょうか?

メンズリゼが20~50代男性600名を対象に行った調査によると、「日常的に行っている『外見』へのケアは何ですか?」という質問に対して、

多くの男性が自身の「毛」を意識し、日常的にケアしていることが分かりました。

【日常的に行っているケア】全世代を通して”毛”を意識していることが判明

また、20~30代に関しては、スキンケア、ファッションや体臭のケアを抜いて、体毛の処理が1位の髭処理、2位の鼻毛処理に次ぐ3位に食い込む結果になったことから、幅広い世代の男性がムダ毛処理を意識しているということが分かります。

その、背景にはやはりジェンダーレス化やsnsなどで自らを発信する場が増えてきたことなどが考えられます。

みんなが処理したい部位はココ!

男性のムダ毛処理が増えてきていますが、世の男性は具体的にどのような部位の毛が気になるのでしょうか?

メンズリゼが20~50代男性600名に行った調査によると、「不快だと感じる【体毛】はどの部位ですか?(複数回答)」という質問に対して、

全世代の1位がヒゲ、他にもvioラインに関しても、多くの男性が「不快に思う」と回答しています。

全体: ①ヒゲ ②鼻毛 ③肛門周辺の毛 ④性器周辺 ⑤お尻周辺
20代:①ヒゲ ②性器周辺 ③肛門周辺 ④鼻毛 ⑤お尻周辺
30代:①ヒゲ ②鼻毛 ③ひざ下   ④肛門周辺 ⑤お尻周辺
40代:①ヒゲ ②鼻毛 ③肛門周辺   ④性器周辺    ⑤お尻周辺
50代:①ヒゲ ②鼻毛 ③肛門周辺 ④耳 ⑤性器周辺

ヒゲの問題は男性にとって一番身近なムダ毛処理であるので、納得の順位といえます。

毎日、出社前や登校前にヒゲを剃る面倒な作業は男性にとって避けることはできない問題の1つだと思います。

朝時間をかけて処理しても、ふと気づけば青髭になっていたという経験をした方も少なくないと思います。

ただし、ヒゲ処理方法の中には、ヒゲが生えてくるのを抑えたり、目立ちにくくする方法や、そもそもヒゲをなくしてしまう方法など日々の悩みを改善する方法もあります。

下記記事では。そんなおすすめヒゲ処理方法についてまとめていますので、ぜひ覗いてみて下さい!

>青髭対策のおすすめ7選!あなたに最適な方法はどれ?

メンズ向け脱毛器を選ぶうえで大事になってくる3つのポイントとは?

さて、シェーバーなどの表面の毛を処理する方法とは異なり、そもそもの毛を薄くしたり、生えにくくする効果が期待できる脱毛器ですが、

選ぶ際に確認すべきポイントがいくつか存在します。

その中でも、自分にあった脱毛器を見つけるために大切なポイントを3つご紹介します。

自分にぴったりの脱毛器を見つけるために、しっかりチェックしていきましょう。

処理したい部位に使えるか


まず初めに、脱毛器を選ぶ際、最初にチェックしたいのは、「処理したい部位に使えるか」という点です。

脱毛器は場合によっては使用をおすすめしない部位が決まっている場合があり、誤って使用してしまうと、トラブルの原因になるため、注意しましょう。

特にVIOラインなど、デリケートゾーンに関しては肌荒れや火傷等を起こしやすいので、、

選ぶ際には、使用可能部位をしっかりチェックしてから購入するようにしましょう。

使用範囲の広さと照射威力

脱毛器を選ぶ上で次にチェックしたいのは、「使用範囲の広さと照射威力」という点です。

脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式の2つの方式があり、それぞれに特徴があります。

フラッシュ式の脱毛器は、細い産毛などの毛に対しては処理しきれない場合があるのですが、照射面積が広く、短時間で広い範囲の毛を処理することができるのと、使用中の痛みが出にくいのが特徴です。

一方、レーザー式の脱毛器は毛根にピンポイントでレーザーを照射するため、その分時間はかかりますが、フラッシュ式に比べて効果を実感しやすいでしょう。

なので、脱毛器初心者の方やスキマ時間で処理したい方は「フラッシュ式」、剛毛の方や部分的な脱毛を望まれる方は「レーザー式」など使い分けるとよいでしょう。

どの程度の期間の使用を考えているか

脱毛器を選ぶ際にもう1つ確認しておくべきなのは、「どの程度の期間の使用を考えているか」という点です。

脱毛器は主に「カートリッジ式」と「使い捨て式」の2つの種類があります。

カートリッジ式は使い終わった後も、新しいカートリッジを挿入することで、再び使用が可能になり、長い期間使うことに向いています。

対して、本体交換式は使い切り式なので、そもそもの本体の価格が抑えられている場合が多く、短期間の使用に向いています。

また、脱毛器には照射回数があらかじめ定められており、本体交換式ものも長期間に渡って使用できるものもあるので、購入前にチェックすることをおすすめします。

メンズ向け脱毛器を選ぶうえで大事になってくる3つのポイントとは?まとめ

ここまで脱毛器を選ぶ大切になる3つのポイントを説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

脱毛器はあらゆるメーカーのものが販売されており、使用したい部位や使用する頻度などによって、自分にぴったりの脱毛器は変わってくることがお判りいただけたと思います。

上記のポイントをしっかりチェックして、自分に最適な脱毛器を見つけましょう!

脱毛器とその他の処理方法の違い

上記では、脱毛器の選ぶ際のポイントを解説しましたが、ムダ毛処理方法にはそれ以外にもあらゆる種類が存在します。

下記では、脱毛器とその他の処理方法の違いについてご紹介しますので、ぜひぴったりの処理方法を探してみて下さいね!

専用シェーバー

おすすめのムダ毛処理方法の1つ目は「専用シェーバー」です!

専用シェーバーはボディシェーバーやボディトリマーと呼ばれる、ムダ毛処理に特化したシェーバーです。

カミソリなどと違い、刃が肌に密着せず肌を傷つけにくく、毛の長さをアタッチメントを用いて切り替えて調節できるものも多く、全部毛を無くすのに抵抗のある方にはぴったりです。

また、基本的には、あらゆる部位に使用可能のため、全身をまとめて処理したい時などにも重宝します。

ですが、脱毛器とは違い、一時的な処理であるため、次に生える毛が濃くなってしまう可能性があることを覚えておきましょう。。

専用シェーバーを気になる方は、下記記事にもまとめていますので、合わせてチェックしてみてください!

売れ筋の髭剃りおすすめ10選!電気シェーバーやカミソリ別に紹介!

メンズ向けアンダーヘアシェーバーのおすすめ10選!売れ筋のボディトリマーはコレ!

除毛クリーム

脱毛器以外の処理方法の2つ目に、「除毛クリーム」があります。

除毛クリームは他の処理方法とは異なり、毛をクリームの成分によって「溶かす」ことでムダ毛を処理する方法です。

短い時間での処理が可能で、かさばらず持ち運びも容易なので、外出時のお供にも最適です。

ですが、除毛クリームはあくまで表面の毛の処理になるので、脱毛器のような毛を薄くしたり、生えにくくする効果は見込めない点に注意しましょう。

また、敏感肌の方などは、肌トラブルを起こす可能性もありますので、使用前のパッチテストなどを怠らないようにしましょう。

除毛クリームが気になった方は下記記事にもまとめてますので、よければ参考にしてみて下さい!

髭の除毛クリームのおすすめ10選!メンズグッズで売れ筋商品を紹介!

脱毛サロン

脱毛器以外の処理方法の3つ目に「脱毛サロン」があります。

脱毛サロンとはスタッフが照射力の高い脱毛器を使って、脱毛していく処理方法になります。

家庭用と同様に毛根に直接アプローチすることで、次に生えてくる毛を細くしたり、生えづらくする効果が期待できます。

また専用シェーバーなどでは処理しづらい背中などの部位やVIO箇所などデリケートゾーンも処理できるので、安全に全身の毛の処理をしたい方におすすめです。

ですが、クリニックとは異なり、「永久脱毛」ではないので、通い続ける必要があるので注意しましょう。

また、価格面でも、家庭用脱毛器などを購入するより高くついてしまうので、始めにくさは感じてしまうことでしょう。

脱毛サロンをお探しであれば、下記記事もぜひチェックしてみてください!

メンズ光脱毛を徹底解説!&おすすめサロン3選

脱毛クリニック

脱毛器以外の処理方法の4つ目に「脱毛クリニック」があります。

脱毛クリニックはサロンと似た部分はありますが、ご紹介してきた方法の中で「医療脱毛」を行える唯一の医療施設になります。

永久脱毛は、一度済ませてしまえば、その後は毛の処理がほぼ必要なくなりますので、定期的な毛の処理が面倒な方には特におすすめします。

永久脱毛は傷みが強く出るイメージがありますが、クリニックは医療機関であるため、麻酔を使うことができ、痛みを抑えることが可能になるのも嬉しい点です。

ですが、どうしても料金が数十万ほどついてしまうため、家庭用脱毛器などを購入するよりも料金面に負担がかかってしまうのは覚えておきましょう。

また、施術終了までに長期間必要な方もいらっしゃるので、長期的に見る必要があるというデメリットもあります。

脱毛クリニックが気になる方は、下記記事もぜひチェックしてみてください!

メンズ医療レーザー脱毛を徹底解説&おすすめクリニック3選

脱毛器とその他の処理方法の違いまとめ

さて、上記では脱毛器とその他の処理方法の違いについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

処理までのスピード感や価格、処理に使える時間などで自分に最適なムダ毛処理方法は異なります。

家庭用脱毛器はサロンに通うよりも料金面を抑えることができ、時間はかかれど、サロンに通うのと似た効果を実感できる魅力的な製品です。

下記ではおすすめの家庭用脱毛器をまとめていますので、ぜひ参考になさってください!

メンズ向け脱毛器のおすすめ10選

ここではAmazonなど大手ECサイトで売れ筋の人気脱毛器を10個紹介します!

どの商品が良いのか特徴を整理しているので、しっかりと確認していきましょう。

YAPAFA 脱毛器

価格 13,999円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約60万回
カートリッジ交換 不可
照射可能部位 全身

YAPAFA 脱毛器は使用と同時に肌の温度を下げることで、脱毛時の痛みや熱による不快感を抑えることに成功した肌に優しい脱毛器です。

また、脱毛以外にスキンケアとニキビ除去モードなど、美容に敏感なイマドキの男性に嬉しい機能も備わっています。

さらに、照射の手動と自動の切り替えと、付属のランプヘッドを使用することで、照射しにくい部位も簡単に脱毛することができます。

照射可能回数も自分のみの使用なら約25年分の約60万回という長寿命で、お財布にも優しいのも魅力です。

YAPAFA
13,999円~

BoSidin 脱毛器

価格 33,999円~
脱毛方式 OPT方式
※レーザー方式とIPL方式のハイブリット型
照射回数 約50万回
カートリッジ交換 不可
照射可能部位 全身

BoSidin 脱毛器は専用サロンなどで導入されている、レーザーとIPL、両方の方式の特徴を活かしたOPT方式を家庭用脱毛器で初めて搭載した脱毛器です。

それにより男性の濃い毛にも抜群の効果を発揮するだけでなく、6つの部位に応じて選べる自動モードで脱毛器に慣れていない男性も気軽に扱うことができます。

さらに、照射と同時に肌の温度を下げる独自冷却技術で、脱毛の際の痛みや不快感を気にすることなくお使いいただけます。

また、ドイツのレッド・ドット・デザイン賞を受賞した、シックで上品な見た目も魅力の1つです。

BoSidin
33,999円~

INNZA 脱毛器

価格 9,699円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約99万回
カートリッジの交換 不可(電源コード式)
照射可能部位 全身
※目の周りや唇以外

INNZA 脱毛器は広範囲への照射で短時間での処理と痛みの少なさが魅力の電源コード式脱毛器です。

手動、自動の切り替え可能で、5段階で照射力を調節できるので、肌の具合や質に合わせて使用することができます。

さらに、約99万回の照射数を誇り、家族や恋人と共有しても長い期間使用することができるのも魅力の1つです。

また、保護メガネとシェーバーも付属しているので届いてすぐに脱毛を始めることができ、他に買い足す必要がないのも嬉しいポイントです。

INNZA
9,699円~

BESTOPE 脱毛器

価格 6,999円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約90万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身

BESTOPE 脱毛器はオートショットモード搭載で手の届きづらい部位も手軽に処理することのできる脱毛器です。

5段階で照射力の調節が可能で、初心者の方で処理の痛みなどが不安な方も安心してお使いいただけます。

また、照射回数も約90万回あり、2人だと約15年、3人だと約10年買い替えなしで使用することができます。

さらに、高い実用性に加えて軽量で1度にたくさんの箇所の処理を行っても疲れにくいのもポイントです。

BESTOPE
6,999円~

ブラウン 脱毛器

価格 49,800円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約40万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身
※髭・IOライン不可

ブラウン 脱毛器は家庭用脱毛器の中でも圧倒的なパワーを誇る、高性能な脱毛器です。

また、パワーだけでなく連続フラッシュモードで照射間隔が0.5秒まで短縮できるのでより素早く脱毛することが可能です。

さらに、人間工学に基づいて作られた使いやすいデザインや光の自動調節機能も備わっており、扱いやすさも群を抜いています。

約22年分使える、約40万回の照射回数で、長期にわたってお使いいただけるのも魅力の1つです。

ブラウン
49,800円~

JIIN BISON 脱毛器

価格 11,899円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約35万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身

JIIN BISON 脱毛器は脱毛の他に美肌・ニキビケアモードも搭載した多機能脱毛器です。

また、皮膚科医と共同開発の5段階での照射力調整でより効率的に処理を行うことができます。

1度に広い範囲の照射が可能であり、肌に近づけるだけで自動的に照射してくれるので、初心者の方も安心です。

さらに、一体型の二重フィルターと専用のコンデンサーが内蔵されており、肌への負担が抑えられらているのも特徴です。

JIIN BISON
11,899円~

Honeyview 脱毛器

価格 12,999円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約99万回
カートリッジの交換 不可(電源コード式)
照射可能部位 全身

Honeyview 脱毛器は照射と同時に肌を冷やす独自の冷感機能付きで安全性が高い脱毛器です。

さらに、2種類の自動モードに5種類の照射パワーの調節により、どんな肌質の方でも効率的に処理を進めることができます。

照射範囲も広く、短時間で処理を終えることができるので、忙しい方にもぴったりです。

また、コンパクトで扱いやすいデザインと約99万回もの照射回数で、扱いやすく、長期にわたって使用することができます。

Honeyview
12,999円~

LOVE DOCK 脱毛器

価格 19,980円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約35万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身
※髭不可

LOVE DOCK 脱毛器はイギリスで設計された、アイスクール冷却機能搭載で、肌への負担を極限まで抑えた脱毛器です。

使う箇所によって、手動と自動を切り替えられ、照射パワーも5段階まで細かく設定できるのであらゆる部位を手軽に脱毛可能です。

また、内部には二重のフィルターと高性能なコンデンサーが付いており、より安全にお使い頂けます。

さらに、全身だと約15年使える、約35万回もの照射回数や操作しやすいパネルなど使い心地にも優れています。

LOVE DOCK
19,980円~

MCONY 脱毛器

価格 9,599円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約99万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身

MCONY 脱毛器は独自の冷感モード搭載で敏感肌の方も使いやすい脱毛器です。

脱毛時の肌を瞬時に冷やす「冷感モード」は、肌の損傷を和らげ、色素沈着や腫れなどの肌トラブルを防ぐ働きがあります。

また、2つのモード切替と5段階の照射レベルの調整機能付きで処理しにくい部位も簡単に脱毛することができるのも特徴です。

さらに、ボタン1つの簡単操作に加え、約99万回の照射回数で、末永くお使いいただけます。

MCONY
9,599円~

Clalufa 脱毛器

価格 16,980円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約99万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身
※男性は肩から下の体に使用可能

Clalufa 脱毛器は脱毛以外にも、スキンケアとニキビ除去の美肌機能を兼ね備えた高性能な脱毛器です。

脱毛に関しても、サロンに匹敵する強力なパワーを持ち、効果を実感しやすくなっています。

また、肌質、毛質に合わせて9段階の照射力調節が可能であり、手動、自動を切り替えを合わせることにより、脱毛しにくい箇所も容易に処理することができます。

さらに、冷却クーリング機能も搭載で、脱毛時の腫れや痛みを軽減し、快適な脱毛を実現します。

Clalufa
16,980円~円~

まとめ:自分に合った脱毛器を見つけよう

おすすめの脱毛器を10商品ほど紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

処理したい体の部位や使用期間はどれくらいを考えているかなどから自分にぴったりの脱毛器は変わってきます。

ですので、自分に最適な脱毛器を選ぶためには、情報を集めて、自分に合うのかどうか考えていくことが重要です。

長い期間快適に使うことのできる脱毛器を見つけられるよう、ぜひ当記事も活用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。