全身のムダ毛処理方法おすすめ5選!ツルツル肌を手に入れるには?

「朝しっかり剃ってきたのに夕方ふと鏡を見たら青髭が目立っていた」

「夏場に短パンをはいた時すね毛が濃くて自信が持てなくなった」

このような出来事を経験した方も多いのではないでしょうか?

近年、男性の美容に対する関心が上がりつつあり、ムダ毛処理に関しても意識してケアする男性が増えてきています。

あらゆるメーカーが機能的なムダ毛処理グッズを販売したり、男性専門の脱毛サロンの登場などによって、より男性のムダ毛処理の敷居が下がり、手軽に始めやすくなってきているのも事実です。

また、普段からムダ毛処理を意識している方が多い女性は男性のムダ毛についつい目が行ってしまうことも多く、

洋服や肌のケアにお金をかけていても、ムダ毛の処理を怠ったが故に、マイナスな印象を与えてしまうこともあるかも。

ムダ毛処理は様々な方法が存在し、自分にとって最適な処理方法を選択することによって、衛生的に保つことができ、整えることにより相手に清潔な印象を与えることができます。

ですが、誤った処理方法をしてしまうと、肌を傷つけヒリヒリ感の原因になったり、剃り切れなかったことにより、毛の黒点が目立ってしまい、仕上がりが汚くなる恐れもあります。

しかし、正しい処理方法を選択することで、肌を傷つけることなく、仕上がりもキレイに整えることができます。

当記事では「全身のムダ毛処理方法おすすめ5選」についてまとめています!

自分の肌質や理想の毛の長さなどによって、選択するべき処理方法は違ってきますので、ご紹介するポイントを確認しつつ、どの方法が一番自分に合うのか確認していきましょう。

また、それぞれの処理方法を細かく特集した記事も合わせてご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい!

ツルリオ編集長

ツルリオ編集長

メンズ脱毛専門家

ヒゲをゴリラクリニック、肛門周りをメンズリゼ、ヒザ上下をRINXで脱毛して快適な日々を送っています。

近年の男性のムダ毛処理に対する意識とは?

さて、最近だと男性向けの美容グッズの豊富さや男性の脱毛クリニックの来院数の増加に見られるように、男性の美容意識の向上を感じることができますが、実際の意見として、現代の男性はどのように思っているのでしょうか?

全国的に男性専門の総合美容を展開するゴリラクリニックが行った調査によると、20~30代男性4273名の内、約6割の男性が「美容に関心がある」と回答し、

「あなた自身、「外見で気になっていること(コンプレックス)」は何ですか?」との問いに対しては、20ある項目の内、ヒゲ、肌荒れ、歯並び・口臭、ニキビに続き、5位に体毛がランクインするという結果になりました。

◆①【男性の美容意識】男性6割(57.5%)「美容に関心あり」と回答、「関心なし(42.5%)」を上回る
◎【悩みワースト5(全国)】:
①ヒゲ(30.9%)②肌荒れ(27.4%)③歯並び口臭(26.3%)④ニキビ(跡)(23.6%)⑤体毛(21.3%)

上記の調査から、現代の男性は美容に対して関心を持っている方が多く、自らの体毛に関しても、何かしらのコンプレックスを感じていることが分かります。

また、ヤング男性向けコスメブランド「ギャツビー」を展開するマンダムがZ世代と呼ばれる15歳~24歳の男性に対して行った調査によると、「自身の体毛について気になっている(気になった)ことはありますか?」という問いに対し、「はい」と答えた割合は、全体の約8割の77.2%にも及ぶという結果になりました。

Z世代男子の約8割は、自身の体毛を気にしている!

このような結果から若年層の男性はムダ毛に対しての意識が特に高いということが感じられます。

理由として、韓国アイドルなどのジェンダーレスな男性の人気やSNSを通して、自らを被写体に世界中に発信することが出来るようになり、その際により良く自分を見せるためにムダ毛処理などの美容に対しての意識が高まったことが挙げられます。

また、コロナによって、在宅ワークも多くなり、WEB会議などで自分の姿を見る場面も増え、ヒゲなどの脱毛に踏み切るなどの時代的な背景も考えることができます。

女性のようなスベスベ肌の男性が事あるごとにテレビに流れ、スマホを用いて、誰とでも自分の姿を共有できる今の時代に生きる男性には、ムダ毛処理というのはエチケットの1つとして当たり前になりつつあるのかもしれません。

比較的若い世代の男性だけでなく、お父さん世代の方も、将来介護の身になったときの備えとして、アンダーヘアなどの「介護脱毛」を行う男性も増えてきており、広い世代でムダ毛処理についての関心が高まってきていることを感じます。

意外と好印象?男性のムダ毛処理に対しての女性側の意見!

ここまで、男性のムダ毛処理に対しての意識が向上してきていることを学びましたが、気になる現代女性の意見はどうなのでしょうか?

美容クリニックである「表参道スキンクリニックグループ」を経営する株式会社アルドランドが行った調査によると、

「男性の脱毛はどう思いますか? 」という問いに対し、「好意的である」と答えた女性が全体の約7割にも上るという結果になりました。

また、部位ごとの脱毛についても、ヒゲ・胸毛は9割以上、ギャランドゥ・腕毛は8割、脇・すね毛は7割、vioに関しては約半数と多くの女性がそれらの部位の脱毛を「あり」と回答し、

「全身ツルスベ男子はどう思いますか?」という問いには、約6割の女性が「あり」だと回答する結果となりました。

【男性の脱毛、どう思う?】過半数以上が好意的という結果に!
【ツルスベ男子】全身ツルスベ男子はどう思う?6割が『あり』と回答。
【ヒゲ脱毛】女性が求めるのは清潔感。9割以上がヒゲ脱毛『あり』と回答。
【脇脱毛】意外と女性は男性の脇毛を気にしていることが判明。
【VIO 脱毛】ハイジ男子はありな時代!約半数は男性の『VIO 脱毛はあり』
【ギャランドゥ】好意的な意見もあるものの、清潔感がないイメージを抱く人がほとんど。
【スネ毛】夏場のハーフパンツやスーツの隙間からのぞくスネ毛に幻滅?
【腕毛】男らしいポイントでありつつ、濃すぎる腕毛はマイナス評価の回答に。
【胸毛】やっぱり胸毛はない方がいい!?女性9割以上は胸毛は方がいいと回答。

この調査から、多くの女性が男性のムダ毛処理を好意的に感じていることが見て取れます。

また、ヒゲなどの見えやすいムダ毛だけでなく、脇やすね毛、腕毛などといった普段意識しづらい箇所のムダ毛も女性が気にしていることが分かります。

最近だと恋人にムダ毛処理をお願いされるケースもあり、体毛を普段から気にする女性だからこそ、気になってしまうものなのかもしれません。

近年の男性のムダ毛処理に対する意識とは?まとめ

ここまで、現代男性のムダ毛処理事情とそれについての女性側の意見について調べてきましたが、いかがだったでしょうか?

以前に比べて、男性のムダ毛処理がより身近になり、そして多く女性もそれを好意的に捉えていることがお判りいただけたかと思います。

水着を着た時や腕まくりをした時など、ふとした時に男性のムダ毛は目立ってしまいがちです。

女性は男性が思っている以上にムダ毛に注目しており、お手入れをしていない状態のムダ毛は、マイナスのイメージになってしまう可能性もあります。

洋服もバッチリキメて、毎日のスキンケアを怠らないようにしても、ムダ毛のせいで、余計な不潔感を与えてしまってはもったいないですよね。

また、清潔感以外にも全身のムダ毛処理を行うことにはメリットが存在します。

下記からは、そんなムダ毛処理のメリットをデメリットと合わせてご紹介します。それぞれ確認してムダ毛処理をするべきなのか選ぶ判断材料にしてみて下さい。

全身のムダ毛処理のメリットとデメリットとは?

ここからは男性が全身の毛の処理をするにあたっての、メリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

全身のムダ毛処理を始めるべきなのか、次のメリット・デメリットをしっかりチェックして、決めていきましょう。

全身のムダ毛処理のメリット

まず、全身のムダ毛処理を行うメリットについて3つご紹介します。

1つずつ確認して、メリットをどのように感じるか、考えてみましょう。

衛生面の向上を図ることが出来る

まず最初に考えられる1つ目のメリットとして、「衛生面の向上を図ることが出来る」というものがあります。

基本的に女性よりも剛毛な男性は熱がこもりやすく、丈の長いパンツや袖のあるスーツなどを着る場面も多いため、蒸れなどを起こしやすい特徴があります。

さらに、気温が高い季節になってくると、汗もかくため、余計に蒸れ、痒みなどを起こす可能性も高まります。

また、アンダーヘアに関しても、ボクサータイプのブリーフなどを履くことも少なくない男性は、お手入れをしていない状態だと熱がこもりやすく、不快なにおいの原因にもなりかねません。

ただ、自分に合った処理を行えば、風通しを良くすることで蒸れを防ぎ、清潔に保つことが可能になるのです。

自分の肌に自信が持てる

次に2つ目のメリットとして、「自分の肌に自信が持てる」というものもあります。

夏場など肌を露出する機会が多いシーズンなど、自分の体毛が気になってしまった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

また、日常生活の中でも、朝処理したのに夕方には青髭が目立ってしまったり、つり革をつかんだ時に、指毛がふさふさ生えていて陰鬱な思いをしたことがある方もいるかもしれません。

ムダ毛1つでテンションを落としてしまうのは非常にもったいないですよね。

ですが、正しい処理方法を行うことで、ナチュラルに毛を整えることができ、その様な不安からも解放されることができます。

女性からの支持も高い

3つ目のメリットとして、「女性からの支持も高い」ということが挙げられます。

男性に比べ女性は、ムダ毛の処理を日常的に意識している方が多く、そのため、男性が気にしていないムダ毛までチェックしています。

腕毛やすね毛など生えっぱなしのムダ毛に不衛生なイメージを覚えることも珍しくありません。

また、その中でも肌の白い男性は黒いムダ毛が際立ってしまうため、特に不潔な印象を与えてしまうこともあるため注意が必要です。

しかし、正しい方法でムダ毛処理を行うことで、相手に清潔感を与え、細かな気配りができる男性をアピールすることもできるのです。

全身のムダ毛処理のデメリット

次はデメリットを3つ程確認していきましょう。

自分にとって、どう感じるかしっかりチェックしていきましょう。

肌トラブルを起こす恐れがある

まず、腕や指のムダ毛処理をするデメリットとして、「肌トラブルを起こす恐れがある」というものがあります。

全身のムダ毛処理は、肌を清潔に保つなどの利点が多く存在しますが、処理方法を誤ると、反対に肌へ悪影響を及ぼす可能性もあります。

例えば、ボディ専用以外のシェーバーなどで処理を行ったことで肌を傷つけたり、敏感肌の方など、肌に合わない除毛クリームで処理したことによる肌の赤みやかぶれなど様々なトラブルが考えられます。

ただ、ボディ専用のシェーバーを選択したり、除毛クリームは使用前のパッチテストを徹底することで、肌へのダメージを最大限抑えることができますので、それらの対策を必ず行うようにしましょう。

場合によっては傷みが生じる

2つ目のデメリットとして、「場合によっては傷みが生じる」というものもあります。

脱毛器によって、根本的な毛の質の改善を目指したり、永久脱毛をすることでそもそもの毛の処理から解放されたい方なども中にはいるかと思います。

しかし、その際、人によっては痛みが生じることがあるかもしれません。

理由として、脱毛器は毛のメラミン色素に反応する光・レーザーを肌に照射し、毛の根本に負荷をかけていく処理方法のため、一本一本の毛が女性より太く、濃い男性は、光やレーザーの反応範囲が広くなりやすいからです。

しかし、近年の家庭用脱毛器の中には、照射と同時に肌を冷やすことで痛みを感じにくくする機能が付いていたり、クリニックでの永久脱毛では麻酔を使用することが出来るため、

想像しているほどの激痛を感じるということも少ないでしょう。

ですが、痛みが出る可能性もないわけではないので、痛みが出た際は、使用方法を今一度確認したり、クリニックに関しては在中する医師の面談を受けるなどの対応をしましょう。

原則、定期的な処理が必要

3つ目のデメリットとして、「原則、定期的な処理が必要」というものもあります。

ムダ毛専用シェーバーや除毛クリームなどを用いて処理する場合、あくまで表面上のムダ毛の処理には変わらないので、定期的に繰り返す必要があります。

また、専用サロン・クリニックに通う場合でも、最低でも数回は施術を受け続ける必要があり、人によっては年単位の時間がかかることもあるので、長期的に通う場合もあることを覚えておきましょう。

ですが、ムダ毛処理グッズを使用する場合も、数か所程度であれば、さほど時間はかかりませんし、クリニックでの永久脱毛に関しては、施術終了と同時に面倒なムダ毛処理からほぼほぼ解放されますので、

日々の処理にお悩みの方は選択肢に加えてみるのも良いかと思います。

近年、男性専用の脱毛クリニックも続々と開院しており、さらに気軽に脱毛しやすくなってきています。

全身のムダ毛処理のメリットデメリットまとめ

全身のムダ毛処理のメリットとデメリットについてそれぞれ分けてチェックしていきましたが、あなたはどう感じられたでしょうか?

全身のムダ毛処理は処理方法さえ間違えなければ、誰でも肌を清潔に保ち、見た目の美しさもプラスすることができます。

ご紹介したメリット・デメリットを踏まえて、ムダ毛処理を行うべきか考えていきましょう。

また、下記からは「やってはいけない全身のムダ毛処理」についてまとめています。

より安全にムダ毛処理を行うためにも、項目を一つずつチェックしていきましょう!

やってはいけない全身のムダ毛処理方法とは?

あらゆる全身のムダ毛処理方法が存在しますが、現在進行形で行っている方はどのような処理を行っていますか?

間違った処理をやり続けてしまうと、肌を痛めてしまったり、逆に見た目が悪くなったりする要因にもなりかねません。

そんな肌トラブルを軽減し仕上がりもキレイに処理していただくために、これから紹介する、3つの点について順番に確認していきましょう。

毛を抜いて処理する

まず、1つ目のやってはいけない処理方法は、「毛を抜いて処理する」ことです。

普段、一本ずつ毛を抜くムダ毛処理を行ってしまってはいませんか?

毛を抜く処理は、肌と毛根に大きな負荷がかかるため、赤くはれてしまったり、毛が抜けきれず内部で育ってしまう埋没毛などの原因になることも少なくありません。

その他にも、毛穴が開きっぱなしになるので、汚れが溜まりやすく、黒いポツポツが残り、肌が汚く見えてしまいがちというデメリットもあります。

また毛を引き抜くといっても、毛の根本にダメージを与えるわけでは決してなく、一定期間経てば生え変わるので、おすすめの方法とは言えません。

専用のもの以外のカミソリなどで処理する

2つ目のやってはいけない処理方法は、「専用のもの以外のカミソリなどで処理する」ということです。

お風呂などで、髭を剃るついでに、そのまま同じカミソリで全身のムダ毛をケアしている方も多いのではないでしょうか。

全身をケアするように作られていないヒゲなどのカミソリは、直で肌に刃を押し付けて剃っていくため、肌を傷つけやすく、赤みなども起こしやすくなっています。

それに比べ、全身のムダ毛処理に特化したものになると、肌に刃が直に触れず、フォームなしで肌の負担を抑えての処理が可能なものが多く、より安全に処理を行うことが可能です。

毛をカットして処理する

3つ目のやってはいけない処理方法は、「毛をカットして処理する」ことです。

一般的な処理のように思える毛をカットする処理方法ですが、その方法には思わぬデメリットが存在します。

毛をはさみなどでカットした場合、切る角度が安定せず、毛の先端が尖ってしまうため、チクチク感の原因にもなります。

また、肌を間違えて切ってしまったりする可能性もあり、あまりメリットが感じられない処理方法といえるでしょう。

全身のムダ毛処理に対応しているシェーバーでは、決められた角度で毛を整えることが出来るので、毛が尖りにくく、不快感も残りにくくなっています。

やってはいけない全身のムダ毛処理方法まとめ

ここまでやってはいけない全身のムダ毛処理方法を3つほどチェックしていきましたが、心当たりのある方も多いのではないでしょうか?

全身のムダ毛処理は間違った方法を使ってしまうと、肌に傷をつけてしまったり、汚い仕上がりになってしまったりといいことがありません。

しかし、自分に合った処理方法を正しく選択することにより、より安全に、ナチュラルで美しい仕上がりに整えることができます。

下記では、おすすめの全身のムダ毛処理方法を解説していきます。自分に最適な処理方法を見つけて、憧れのツルスベ肌を目指しましょう!

おすすめの全身のムダ毛処理方法5選

下記からは全身のムダ毛処理対策の中でもおすすめな方法を5つほど紹介いたします!

トライしやすいものから順々に解説していきますので、自分にぴったりな方法を見つけましょう!

ムダ毛専用シェーバー

おすすめの全身のムダ毛処理の1つ目は「ムダ毛専用シェーバー」です!

ムダ毛専用シェーバーは全身の様々な部位を安全に剃ることが出来る機能を充実させたムダ毛処理グッズです。

一般的なシェーバーなどとは異なり、肌に直接刃を当てることなく深剃り可能なため、安全にシェービングすることができ、毛の長さをmm単位での細かな調節ができる機種も数多く存在しているので、全身の毛を自然な長さに整えたい方にはうってつけです。

また、まっすぐな形状で様々な持ち方ができる「I字シェイプ」のものは、脇などの刃がフィットしづらい関節付近やくぼみが多いVIOラインなどのシェービングも楽々こなすことができます。

しかし、表面の毛を剃るということには変わりないので、生え変わる際に、以前よりも太い毛が生えてきてしまう恐れもあることは覚えておきましょう。

ムダ毛専用シェーバーをお探しであれば、下記記事にもまとめていますので、合わせて確認してみてください!

メンズシェーバーおすすめ10選!あなたに合っている商品はコレ!

除毛クリーム

おすすめの全身のムダ毛処理方法の2つ目は「除毛クリーム」です!

除毛クリームは毛を「溶かす」成分が配合されたクリームを毛全体に塗ることで、毛を除去していくムダ毛処理グッズです。

短時間で毛の除去を済ませることができ、バッグに入れてもかさばらないため、ムダ毛処理にあまり時間が割けない方やお泊りなど外出先での使用にぴったりです。

ですが、毛の根本に負荷を与えるわけではないので、ある程度の時間がたつと生え変わるので、脱毛のような効果はないことに注意しましょう。

また、敏感肌の方などは特に、ヒリヒリとしたり赤みが出る場合もありますので、必ずパッチテストを行ってから使用するようにし、違和感を覚えた場合は、すぐに洗い流すなどして肌トラブルを防ぎましょう。

除毛クリームをお探しであれば、下記記事にもまとめていますので、ぜひ覗いてみてください!

【2020年版】男性向け除毛クリームの選び方&おすすめランキング

脱毛器

おすすめの全身のムダ毛処理方法の3つ目は「脱毛器」です!

脱毛器とは光またはレーザーを用いて、毛の根本にダメージを与えていくことで脱毛していくムダ毛処理グッズになります。

一時的な毛の処理を目的とする方法とは違い、使用を続ける内にそもそもの毛の生え変わるサイクルを遅くし、細くする効果が見込めます。

女性使用のイメージが根強い家庭用脱毛器ですが、近年男性使用も可能な機種も数多く、処理時間の差異は多少あれど、男性も効果を実感しやすくなっています。

専用サロンやクリニックに通い続けるよりも、料金的にも抑えられており、忙しい方や、料金の面で脱毛を諦めていた方などはおすすめです。

ただし注意するポイントとして、毛根に長期的にアプローチしていく方法のため、すぐに効果を実感したい方にはおすすめできない点と、専用クリニックでの「永久脱毛」と同じ効果は見込めない点があります。

脱毛器をお探しであれば、下記記事もぜひチェックしてみてください!

メンズ向け脱毛器おすすめ10選!人気脱毛器の選び方は?

脱毛サロン

おすすめの全身のムダ毛処理方法の4つ目は「脱毛サロン」です!

脱毛サロンとは脱毛器を用いて、専門のスタッフがムダ毛処理を行う処理方法になります。

家庭用のものと使う脱毛器は似ていますが、サロン仕様のものは、光やレーザーの強さが高く設定されており、家庭用と比べてより効果を実感するまでのスピードが一般的に早くなっています。

また、専門知識を持つスタッフが脱毛を行うため、手の届かなかった背中などの部位や処理がしづらかったVIO箇所にいたるまで、スムーズに脱毛可能なのです。

ただ間違えやすい点として、サロンで行う「美容脱毛」は、クリニックで行う「永久脱毛」の効果は望めないので、覚えておきましょう。

また、自分で処理するムダ毛処理グッズなどよりは、価格も割高となっていますので、将来的なお手入れの事も考えつつ決めていくと失敗も少ないかと思います。

脱毛サロンをお探しであれば、下記記事もぜひチェックしてみてください!

メンズ光脱毛を徹底解説!&おすすめサロン3選

脱毛クリニック

おすすめの全身のムダ毛処理方法の5つ目は「脱毛クリニック」です!

脱毛クリニックはサロンと混合しがちですが、異なる点として「永久脱毛」を行うことのできる医療機関であるということが挙げられます。

シェーバーや除毛クリームなどの一時的な処理方法、サロンで行われる「美容脱毛」とは全く異なり、「永久脱毛」は施術後はお手入れをする必要がほぼなくなることで、毎回のムダ毛処理から解放されることが出来るという大きなメリットがあります。

痛みが出やすいイメージ感が根強い「永久脱毛」ですが、クリニックは医療機関のため、麻酔を状況に応じて使用できるため、痛みを抑えることが出来るのも嬉しいポイントです。

それ以外にも、クリニックには医師が常に待機しているため、「永久脱毛」をする上での相談をしやすいのも特徴です。

しかし、費用の方が数十万円ほどかかってしまうため、気軽に手を出しづらいというのがネックです。

また、剛毛の方などは、脱毛終了までの時間が年単位で長引いてしまうケースもありますので、長期的な施術になる可能性があることも覚えておきましょう。

脱毛クリニックをお探しであれば、下記記事もぜひチェックしてみてください!

メンズ医療レーザー脱毛を徹底解説&おすすめクリニック3選

おすすめの全身のムダ毛処理方法5選のまとめ

ここまでおすすめ全身のムダ毛処理方法5つについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

毛の長さの理想の仕上がりや肌質、ムダ毛処理にかけることのできる費用など多角的に考えていくことが、自分に合った処理方法を見つけていくうえで大切になってきます。

当記事で確認してきた点を再確認していただき、満足のいくムダ毛処理法を見つけましょう。

まとめ

これまでおすすめの全身のムダ毛処理方法やメリット・デメリット、現代の男性のムダ毛処理の現状に至るまであらゆる項目について学んできましたが、いかがだったでしょうか?

最近だと、男性向けの脱毛サロンの開院によって、男性の脱毛の敷居も下がってきていますし、あらゆるメーカーが男性のムダ毛処理グッズを発売したりと、以前に比べて気軽に男性がムダ毛処理を行える社会になってきました。

無理のない処理方法から試してみて、ツルスベ肌を手に入れましょう!

当サイトでは先ほど紹介した解説記事以外にも、男性の毛の処理に関する様々な解説記事を用意しています。

ぜひ気になるものはチェックして頂き、男性のムダ毛処理の知識をしっかりと身に付けていきましょう。