メンズシェーバーおすすめ10選!あなたに合っている商品はコレ!

近年、ジェンダーレス男子などの人気もあり、男性の美容への意識が変わりつつあります。

ムダ毛処理に関しても、一般的なエチケットである髭剃りだけでなく、腕やすね毛、アンダーヘアなどを整える男性が増えています。

適切なムダ毛処理を行うことで、蒸れなどによる痒みなどを防いだり、清潔感をアピールすることもできるのです。

この記事では、Amazonで売れ筋のメンズシェーバーを、10個ご紹介します。

また、男性のムダ毛処理の実情やメンズシェーバー選びで重要な3つのポイント、シェーバーとその他の処理方法の違いなども合わせて解説します。

たくさん種類が有って、どれを選べばよいのかわからない!という方はぜひチェックしてくださいね。

>今すぐおすすめのメンズシェーバーをチェックする

ツルリオ編集長

ツルリオ編集長

メンズ脱毛専門家

ヒゲをゴリラクリニック、肛門周りをメンズリゼ、ヒザ上下をRINXで脱毛して快適な日々を送っています。

近年増加傾向にある男性のムダ毛処理の実情を紹介!

最近増加傾向にある男性のムダ毛処理ですが、実際の世間の声はどうなのでしょうか?

男性専門の総合美容クリニックであるゴリラクリニックが2018年に20~40代男性330名の男性に対して実施した調査によると、約7割の男性「ムダ毛が気になる(68.4%)」という結果になり、特に“20代の男性が8割(77.3%)”が気にしていると回答しています。

ヒゲの脱毛に関しても「やりたい派(53.6%)」という回答結果になり、割合的にも20代(61.8%)が最も多く、若い世代を中心にニーズが高まってきていることが感じられます。

7割の男性「気になる(68.4%)」と回答。特に“20代の男性が8割(77.3%)”が気にしている
【ヒゲ脱毛】「やりたい派(53.6%)」が「やりたくない派(40.6%)」を上回る!「脱毛挑戦中・挑戦済」も存在(5.7%)

また、2018年に男性向け脱毛クリニックであるメンズリゼが行った調査によると、20~40代の男性のうち「アンダーヘアのケアをしている」と回答している方が約7割という結果になっています。

男性の約7割がアンダーヘアをケア、『ハイジ男子』急増中!

ご紹介した2つの調査から、幅広い年代の男性がムダ毛の処理に興味を持ち、実際に処理を行っているということがお判りいただけたかと思います。

また近年、男性向けの脱毛クリニックの登場もあり、女性と同じようにクリニックでの医療脱毛を行う男性も増えてきています。

髭やすね毛などはもちろん、アンダーヘアも海外では一般的なハイジニーナと呼ばれる、全て毛をなくすスタイルの処理を行う男性も一定数おり、

男性のムダ毛処理への意識が上がってきていることを感じることができます。

髭剃りを面倒だと感じている人はどの世代でも8割以上!

上記のゴリラクリニックの実施した調査の中で、「あなたは日々の「ヒゲ剃り」を面倒くさいと思いますか?(単一回答)」という質問に対して、

「面倒」だと答えた方は全体の87.6%にも上り、世代別にみても、20代91.9%、30代86.4%、40代84.5%とどの世代でも、高い割合であるという結果になりました。

【毎日のヒゲ剃り】9割(87.6%)が「面倒」と回答。特に“20代の男性(91.9%)”が面倒と感じている

このことから、どの世代の男性にも髭処理について煩わしく感じているということが分かります。

朝しっかり剃ってきたのに、夕方鏡を見た時に、青髭が生えていたら悲しいものです。

髭の処理方法の中には、髭をそもそも生えにくくする方法や、青髭を目立たせなくする方法も存在します。

下記記事ではそんな青髭対策についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

>青髭対策のおすすめ7選!あなたに最適な方法はどれ?

自分のムダ毛が気になる人は何%いる?

実際ムダ毛が気になる人の割合はどうなのでしょうか?

ゴリラクリニックが実施した調査によると、「あなたは「自分のムダ毛(体毛)」が気になりますか?(単一回答)」という質問に対して、

全体の約7割の男性が「気になる」と回答しています。

【体のムダ毛】7割の男性「気になる(68.4%)」と回答。特に“20代の男性が8割(77.3%)”が気にしている

特に20代男性に関しては77.3%と約8割にも上り、40代男性の61.8%と15.5%もの差をつけています。

その背景にはジェンダーレス男子の人気などによる近年の若者の美容ブームの後押しの影響が考えられます。

化粧水など肌ケアを怠らない男性やジェンダーレス男子のすべすべな肌に憧れる男性にとって、ムダ毛の処理はもはや当たり前なのかもしれません。

また、20代には及ばないとはいえ、30代66.3%、40代61.8%と少し上の世代でも約6割以上の男性がムダ毛が気になると回答していることから、

男性のムダ毛処理への意識が高まってきていることを感じることができます。

意外と多い?ヒゲ脱毛に興味のある人の割合はこれくらい!

毎日の面倒な髭剃りから解放されるヒゲ脱毛ですが、実際のところどれほどの男性が注目しているのでしょうか?

ゴリラクリニックが実施した調査によると、「あなたは「ヒゲ脱毛」をやってみたいと思いますか?(単一回答)」という質問に対し、

「やりたい派」が「やりたくない派」を上回るという結果になりました。

【ヒゲ脱毛】「やりたい派(53.6%)」が「やりたくない派(40.6%)」を上回る!「脱毛挑戦中・挑戦済」も存在(5.7%)

特にこちらも20代の61.8%が最も多く、やはり美容に気を使う若者が増えていることをひしひしと感じさせます。

30代56.4%、40代42.6%と以外にも上の世代の男性も「やってみたい」と回答していることから、清潔感を演出することができ、なおかつ毎朝のシェービングから解放されるヒゲ脱毛の注目度が伺えます。

周囲には聞きづらい!アンダーヘア処理の現状とは?

身近になりつつあるアンダーヘア処理ですが、一体どれほどの人がケアを行っているのでしょうか?

ゴリラクリニックが行った調査によると、「あなたは「アンダーヘア(Vライン・男性器・肛門など)のムダ毛ケア」をしていますか?(単一回答)」という質問に対し、

全体だと39.1%、20代男性に至っては46.4%と約半数の男性がアンダーヘアの処理をしているという結果になりました。

【アンダーヘアケアしている「ハイジ男子」】20代は2人に1人、全世代(20~40代)は3人に1人が「ケアする」

アンダーヘアを処理することによって、蒸れや匂いを防ぎ、清潔に保つことにもつながるので、ムダ毛処理を意識しているイマドキの男性にとって、徐々に一般的になってきていることが分かります。

また清潔感が生まれ、性行為の際に邪魔にならないという点から、恋人に頼まれるケースも増えてきています。

しかし、デリケートな部位であるので、間違った処理を行うと、傷つけてしまったり、埋没毛の原因になりますので、注意が必要です。

下記記事では、おすすめのアンダーヘア処理方法についてまとめていますので、ぜひ目を通してみて下さい!

>男の陰毛処理おすすめ5選!アンダーヘア(VIO)をキレイにするには?

近年増加傾向にある男性のムダ毛処理の実情を紹介!まとめ

男性のムダ毛処理の実情をアンケートなどを交えながらご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

近年、女性だけでなく男性もムダ毛処理を行うのが一般的になりつつあるのがお判りいただけたかと思います。

下記からは、ムダ毛処理の中でも手軽に始めることのできるメンズシェーバーの選び方や他の処理方法との違いまでまとめてご紹介します。

自分にあったシェーバーを見つけるために、ぜひチェックしてみて下さい!

メンズシェーバー選びで大切な3つのポイント

いざ、シェーバーを選ぶとなっても、正直種類が有りすぎて、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

自分にぴったりのシェーバーを見つけていただくために、下記ではシェーバー選びで大切になってくるポイントを3つに分けてご紹介します。

ポイントを十分に理解した上で、自分に最適なシェーバーを見つけましょう!

シェーバーのタイプで選ぶ

メンズシェーバー選びの1つ目のポイントは「シェーバーのタイプで選ぶ」ということです。

全身のムダ毛処理向けのシェーバーの形は大まかに「T字シェイプ」と「I字シェイプ」の2つの形状に分けることができます。

T字シェイプはT字のカミソリに似たヘッドの形で、手に馴染みやすく、一度に広い範囲を剃ることができるので、短い時間での処理が可能になります。

一方、I字シェイプは握りやすいまっすぐな棒状のフォルムで、脇などのくぼみがある箇所や剃りにくいVIOラインにも使いやすくなっているという利点もあります。

どちらの形状のシェーバーもメリットがありますので、自分にとって使いやすいかなどの観点から選びましょう。

仕上がりのイメージで選ぶ

メンズシェーバー選びの2つ目のポイントは「仕上がりのイメージで選ぶ」ということです。

女性は基本的に毛を残さない剃り方をすることが多いですが、男性の場合、全て剃ることに抵抗のある方もいると思います。

毛をどの程度処理するのか、具体的なイメージを持って機種選びをすると、失敗が少なくなります。

特に、I字シェイプのものだと、mm単位で毛の長さを調節することができるシェーバーも多いので、毛の長さをナチュラルに見せたい方にはおすすめです。

電源方式の違いで選ぶ

メンズシェーバー選びの3つ目のポイントは「電源方式の違いで選ぶ」ということです。

美容ブームの影響もあり、大手のみならず、様々な企業から個性的なシェーバーが販売されています。

様々な部位に使用できるメンズシェーバーの電源方式は大まかに「充電式」「乾電池式」の2つに分けることができ、

両方にメリット・デメリットが存在しますので、使用する場所や使い方に応じて選んでいくと最適なシェーバーが見つけやすくなります。

充電式

充電式のシェーバーは本体が軽く作られていることが多く、長時間の使用でも使いやすく、パワフルに剃ることができます。

ですので、一度に複数の部位の処理をすることが多い方や、剛毛の方、すぐに充電ができる自宅での使用が多い方などには特におすすめです。

しかしデメリットとして、充電が切れてしまった場合使用することができず、機種によっては、長時間の充電が必要な機種もあるので、

シェーバーを購入する前に、充電時間も合わせてチェックすると、より自分に最適なシェーバーを見つけることができるでしょう。

乾電池式

乾電池式のシェーバーは単3や単4といった、市販の乾電池を入れることで使用可能になります。

なので、お泊りなどの外出時の持ち運びや、出張先などでの使用にもぴったりです。

ですが、乾電池を使用するため、使っていくうちに少しパワーが落ちる場合がある点と、電源の持ちが乾電池の性能に左右されてしまう点があることも頭に入れておきましょう。

メンズシェーバー選びのまとめ

ここまで、様々な部位に対応しているメンズシェーバーを選ぶ際に重要になってくるポイントを3つに分けてご紹介しました。

仕上がりのイメージや自分がどんな場所での使用を考えているかなどによって、自分に最適なシェーバーが変わってくることがお判りいただけたかと思います。

ご紹介したポイント以外にも、理想の価格帯や、デザイン、毛の長さ調節などの機能性なども合わせて確認すると、なお理想のシェーバーが見つかりやすくなります。

上記で確認していったシェーバー選びのポイントを加味した上で、長く使用する事ができる、自分にぴったりのシェーバーを見つけてみて下さい!

シェーバーとその他の処理方法の違い

さて、ここまでシェーバーの選び方について学んできましたが、ムダ毛処理にはシェーバー以外にも様々な方法があります。

下記では、シェーバーとその他の処理方法の違いについてご紹介しますので、自分に合った方法を探してみて下さい。

除毛クリーム

まず、シェーバー以外の処理方法の1つ目に、「除毛クリーム」があります。

除毛クリームはシェーバーのように「剃る」のではなく、毛を薬剤で「溶かす」ことでムダ毛を処理する方法です。

処理に時間もかからず、手軽に扱えるので、急なお泊りなどで今すぐに処理したい方などにはおすすめです。

ただ、長さ調節が可能な機種もあるシェーバーに対して、除毛クリームは塗った個所を全て脱毛するので(個人差あり)自然な長さに整えたい方には不向きです。

また、人によっては、肌荒れや腫れを引きおこす恐れもありますので、使用する前に目立たない部位でパッチテストをするなどの確認を忘れないようにしましょう。

除毛クリームが気になった方は下記記事にもまとめてますので、よければ参考にしてみて下さい!

髭の除毛クリームのおすすめ10選!メンズグッズで売れ筋商品を紹介!

脱毛器

シェーバー以外の処理方法の2つ目に、「脱毛器」というのがあります。

脱毛器というとサロンやクリニックで使うものを想像しがちですが、最近は様々なメーカーから家庭用脱毛器がリリースされています。

脱毛器は光、またはレーザーを用いて毛根に直接ダメージを与えていくことで脱攻していく方法です。

シェーバーのように表面の毛を整える方法に対し、脱毛器は毛根自体にアプローチすることで、毛が生えづらくしたり、薄くしたりなどの効果が期待できます。

近年、家庭用脱毛器も進化しており、一般的に女性より毛が濃い男性も使用可能なものが増えていますので、そもそもの毛の質を変えたい方にはおすすめです。

価格もサロンなどに通うよりもはるかに抑えられますので、脱毛したいけど料金面で悩まれていた方には最適です。

しかし、シェーバーなどのように使用してすぐ効果を実感できるものではないので、ある程度時間がかかることと、クリニックのものとは違い、永久脱毛効果はないというところに注意しましょう。

脱毛器をお探しであれば、下記記事もぜひチェックしてみてください!

髭の脱毛器のおすすめ10選!メンズグッズで売れ筋商品を紹介!

脱毛サロン

シェーバー以外の処理方法の3つ目に「脱毛サロン」があります。

脱毛サロンとは専門スタッフが家庭用よりも出力の高い脱毛器を用いて、脱毛していく方法になります。

家庭用と同じく毛根にダメージを与えるため、そもそもの毛を薄く、生えづらくする効果が期待できます。

またシェーバーなどでは届かない部位やVIOラインなど剃りづらい箇所も処理できるので、全身の毛の処理を考えている方にはぴったりです。

しかし、専用クリニックで行える「永久脱毛」とは違い、サロンで行えるのは「美容脱毛」のため定期的に通う必要があることは覚えておきましょう。

また、料金的にも、シェーバーなどを購入するよりも高くついてしまうこともデメリットになります。

脱毛サロンをお探しであれば、下記記事もぜひチェックしてみてください!

メンズ光脱毛を徹底解説!&おすすめサロン3選

脱毛クリニック

シェーバー以外の処理方法の4つ目に「脱毛クリニック」があります。

脱毛クリニックはサロンと同じく高出力の脱毛器を用いて脱毛を行いますが、ご紹介してきた方法の中で「医療脱毛」を行える唯一の医療施設になります。

永久脱毛は、シェーバーなどのように一時的に毛を除去するのではなく、施術後はお手入れの必要がなくなるので、毛の処理が面倒な方におすすめです。

永久脱毛の施術中の痛みが気になる方も多いと思いますが、クリニックは医療機関であるため、麻酔の使用が可能なので、痛みを感じづらくすることができるのもポイントです。

しかし、シェーバーなどに比べ、費用が数十万ほどかかってしまうので、料金面に負担がかかってしまうのは覚えておきましょう。

また、処理が終わるまでに長い方だと3年程かかってしまうケースもあり、シェーバーのように手軽に処理できないというデメリットもあります。

脱毛クリニックが気になる方は、下記記事もぜひチェックしてみてください!

メンズ医療レーザー脱毛を徹底解説&おすすめクリニック3選

シェーバーとその他の処理方法の違いまとめ

さて、上記ではシェーバーとその他の処理方法の違いについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

理想の毛の長さのイメージや料金面、今すぐ処理したいのか、それとも長期的に毛を脱毛したいのかなどで自分にぴったりの処理方法は違ってきます。

シェーバーは価格もサロンなどに比べると格段に安く、毛の長さを細かく調節できるものも多く機能性にも優れていますので、手軽に毛の処理をしたい方には最適です。

下記ではおすすめのメンズシェーバーをまとめていますので、ぜひ参考になさってください!

メンズシェーバーおすすめ10選

ここではAmazonなど大手ECサイトで売れ筋の人気のメンズシェーバーを10つ紹介します!

商品の特徴をまとめていますので、ぜひ商品購入の際に参考にしてください。

パナソニック ER-GK70-K

価格 7,200円~
I字シェイプ
タイプ 充電式
(約8時間充電で約40分使用可能)
水洗いへの対応
ブランド パナソニック(Panasonic)

パナソニック ER-GK70-Kは刃先が丸い「ワイド&ラウンド形状」で肌を傷つけず、0.1mmまでの深剃りをも可能にした高品質のシェーバーです。

最長9mmまで長さを調節できるアタッチメント付きなので、部位ごとに自分の理想の長さで揃えることができます。

また、I字シェイプの扱いやすいフォルムでくぼんでいる脇やVIOラインなどの処理しずらい部位もスムーズに剃ることができます。

使った後も刃を外さずそのまま丸洗い可能なので、使用後の面倒な作業がないこともポイントの1つです。

パナソニック(Panasonic)
7,200円~

Vellope ボディシェーバー

価格 3,399円~
I字シェイプ
タイプ 充電式
(約2時間充電で約45分使用可能)
水洗いへの対応
ブランド Vellope

Vellope ボディシェーバーは「V字ヘッド」と刃先の丸い「トリマー刃」で優しく深剃りすることを可能にしたシェーバーです。

1mm~20mmまで長さ調節が可能なので、あらゆる部位をより細かく仕上げることができます。

また、手元のダイヤルで簡単に長さを変更できるので、スムーズに全身まで処理することができるのも嬉しいポイントです。

さらに、USBに繋げて2時間で充電完了するので、自宅での使用だけでなく、外出時に充電がなくなってしまってもすぐに使うことができます。

パナソニック ER-GK60-W

価格 6,869円~
I字シェイプ
タイプ 充電式
(約8時間充電で約40分使用可能)
水洗いへの対応
ブランド パナソニック(Panasonic)

パナソニック ER-GK60-Wは独自のV字ヘッドと丸まった刃先で肌を傷つけることなくスムーズに剃ること実現したシェーバーです。

さらに、3mm・6mmの2段階の長さに揃えられるアタッチメントも付属しており、より自由度の高い処理を実現します。

また、あらゆる部位の処理を容易にする、「I字シェイプ」や使い終わったらそのまま洗うだけで洗浄できる「ウォータースルー洗浄」で、

機能性だけでなく、使い心地も抜群です。

パナソニック(Panasonic)
6,869円~

Douyear ボディシェーバー

価格 2,760円~
T字シェイプ
タイプ 充電式
(約1時間充電で約90分使用可能)
水洗いへの対応
ブランド Douyear

Douyear ボディシェーバーは国産の刺激の少ないステンレス刃と肌への刺激を軽減する丸みを帯びた刃先で、敏感肌の方も使いやすいシェーバーです。

また、握りやすいT字シェイプで、いつもカミソリを使っている方は、違和感なく、手に馴染んでくれます。

また、ヘッドが体のラインに合わせて可動するのでフィットしやすく、お風呂剃り可能で、よりスムーズな取り回しが可能です。。

さらに、約60分の充電で約90分の使用が出来るので、充電をさほど気にすることもなく、外出先での使用にももってこいです。

フィリップス BG7025/15

価格 8,364円~
T字シェイプ
タイプ 充電式
(約1時間充電で約80分使用可能)
水洗いへの対応
ブランド Philips(フィリップス)

フィリップス BG7025/15はコームが下部に取り付けてあり、ノンストレスで扱いやすいシェーバーです。

ヘッドが4方向に大きく動き、体により密着するため、処理しづらい部位でも滑らかに剃ることができます。

さらに、機能性だけでなく、お風呂剃り可能、水場での使用も安心な滑りづらいグリップで抜群の扱いやすさを誇ります。

また、全世界2年間の本体保証が付いているので、万が一壊れてしまった場合も安心です。

Philips(フィリップス)
8,364円~

フィリップス BG1022/16

価格 7,480円~
T字シェイプ
タイプ 乾電池式
(アルカリ単三乾電池1本で約45分の連続使用可能)
水洗いへの対応
ブランド Philips(フィリップス)

フィリップス BG1022/16はスキンプロテクター搭載で直接肌に刃が触れず、安全性の高いシェーバーです。

さらに、3mmのコーム付きでよりスムーズにお手入れすることができます。

また、防水加工を施しているため、お風呂場での使用もでき、そのまま洗浄することも可能です。

本体はアルカリ単三乾電池1本で使用可能なので、充電をいちいち気にする必要もありません。

Philips(フィリップス)
7,480円~

パナソニック ER-GK20-A

価格 4,227円~
I字シェイプ
タイプ 乾電池式
(単3形アルカリ乾電池1本で約3か月使用可能(週1回、1回約5分間の使用))
水洗いへの対応
ブランド パナソニック(Panasonic)

パナソニック ER-GK20-Aはシェーバー初心者の方でも安全に処理できるよう、工夫が施されたシェーバーです。

刃先がラウンド上で肌に触れず、かつ0.1mmの長さまで深剃りすることができ、ムダ毛処理が初めての方でも安心してお使いいただけます。

また、単3形アルカリ乾電池1本で動作するので、お泊りや旅行時のお供にもピッタリです

使用後もそのまま丸洗い可能なことに加え、黒・青・黄の3種類のカラーから選べ、デザインにもこだわりたい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic)
4,227円~

パナソニック ER-GK71-K

価格 8,300円~
I字シェイプ
タイプ 充電式
(約8時間充電で約40分使用可能)
水洗いへの対応
ブランド パナソニック(Panasonic)

パナソニック ER-GK71-Kは肌に触れない丸みを帯びた刃とV字ヘッドによって、安全性に富んだシェーバーになっています。

2・3・6・9mmの4段階で毛の長さ調節が可能で、部位毎に細かく処理することができます。

また、取り扱いがしやすいI字シェイプで脚、腕はもちろん、凹凸のあるVIO箇所に至るまで、幅広い部位にお使いいただけます。

さらに防水機能付きでせっけんなどを使った処理も可能なので敏感肌の方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic)
8,300円~

パナソニック ER-GK80-K

価格 16,300円~
I字シェイプ
タイプ 充電式
(約1時間充電で約50分使用可能)
水洗いへの対応
ブランド パナソニック(Panasonic)

パナソニック ER-GK80-Kは毛の長さを10段階までさらに細かく自由度の高い調節を可能にしたパナソニック最高クラスのシェーバーです。

3mm~12mmまでダイヤル1つで切り替えが可能なので、使用部位や気分に合わせてより繊細なお手入れをすることができます。

さらに、先端が尖っていない独自の刃と、剃りやすい「I字シェイプ」でストレスを感じることなく処理することができます。

充電時間に関しても、1時間の充電で約50分の連続使用可能と、パナソニックの他の機種に比べて大きく向上しているので、使用中に充電がなくなる心配が少ないのもメリットの1つです。

パナソニック(Panasonic)
16,300円~

フィリップス TT2040/15

価格 9,000円~
T字シェイプ
タイプ 充電式
(約1時間充電で約50分使用可能)
水洗いへの対応
ブランド Philips(フィリップス)

フィリップス TT2040/15は、5段階まで毛の長さを調節できるコームが一体となっており、使い勝手に優れたシェーバーです。

肌を傷つけないラウンド状の刃先で、処理の痛みやヒリヒリ感を抑えるので安心して処理することができます。

また、独自技術により、特別なケアをしなくても、切れ味が落ちづらく、長い期間お使いいただけます。

さらに、水場の使用にも耐えられる防水性と滑りにくいグリップで扱いやすさにも優れているのも魅力の1つです。

Philips(フィリップス)
9,000円~

まとめ:自分にぴったりなシェーバーを見つけよう

あらゆる部位に対応しているメンズシェーバーを売れ筋の10商品ずつ紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

理想の毛の仕上がりのイメージや、使用することが多い場面などでその人にぴったりのシェーバーはそれぞれ違ってきます。

自分に合ったシェーバーを見つけるためにも、ご紹介したポイントをしっかりチェックし、最適なシェーバーを見つけましょう。

長期に渡り使っていけるシェーバーと出会うために、ぜひ当記事も参考にしてみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。