すね毛処理に使えるメンズ向け脱毛器10選!おすすめの売れ筋商品はコレ!

すね毛処理に使えるメンズ向け脱毛器はどのようなものがおすすめなのでしょうか?

この記事では、Amazonなど大手サイトで売れ筋のすね毛処理に使えるメンズ向け脱毛器を10個ほどご紹介します!

それだけでなく脱毛器の基礎知識やメリット・デメリットなども紹介します。

すね毛処理に使えるメンズ向け脱毛器選びにお悩みの方はぜひチェックしてくださいね。

ツルリオ編集長

ツルリオ編集長

メンズ脱毛専門家

ヒゲをゴリラクリニック、肛門周りをメンズリゼ、ヒザ上下をRINXで脱毛して快適な日々を送っています。

脱毛器とは?

脱毛器とは、レーザーや光を使用して、毛根に直接ダメージを与えることで、毛の処理をする脱毛器具のことを言います。

家庭用脱毛器はサロンなどで使われるものに比べて出力は抑え目なものの、誰でも簡単に脱毛することができると人気を伸ばしつつあります。

男性特有の濃いすね毛にも使える家庭用脱毛器も増えているので、サロンに通うのが少し恥ずかしい方や脱毛に行く時間が取れない方などにおすすめです。

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器はざっくり分けると、「フラッシュ式」と「レーザー式」の2つに分けることができます。

それぞれ特徴が違ってきますので、使用する部位などに応じて選んでいきましょう。

下記では、2つの種類の特徴についてまとめているので、しっかりチェックしましょう。

フラッシュ式脱毛器

フラッシュ式(IPL方式)の脱毛器は毛のメラニン色素に光を照射し、毛根を弱らせることで脱毛していく脱毛器です。

レーザー式より広い範囲を一度に処理することができ、痛みも少ないのが特徴の1つです。

ただし、産毛など薄い毛への効果はあまり期待できないので、注意しましょう。

レーザー式の脱毛器

レーザー式の脱毛器はレーザーを用いて、発毛組織に直接ダメージを与えて、脱毛していく脱毛器です。

レーザー式は毛根にまっすぐアプローチできるので、フラッシュ式と比べると、効果を感じやすいのがポイントです。

ですが、ピンポイントへの照射なので、フラッシュ式と比べると、処理時間が長いのと、痛みを感じやすいので注意する必要があります。

脱毛器は男性の毛にも効果あるの?

脱毛器と聞くと、女性のイメージの方が未だに強く、男性の濃くて、太い毛にも効果あるのか、心配になられている方も多いかと思います。

ですが、年々脱毛器も進化しており、処理時間は違えど、女性と大差ない脱毛効果を実感できるでしょう。

ただ、誤った方法での使用や逆に照射力が高すぎるものなどを使うと、火傷やかぶれ、埋没毛などの要因にもなるので慎重に選んでいきましょう。

脱毛器を選ぶ際は、使用する部位や使い勝手の良さ、値段など総合的に見て、自分に合った脱毛器を見つけましょう。

脱毛器の基礎知識まとめ

脱毛器の基礎知識について確認してきましたが、いかがだったでしょうか?

脱毛器は誰でも簡単に脱毛できる反面、肌トラブルを起こす危険性もあります。

使い心地や目的などに合わせて、長く付き合っていける脱毛器を見つけてみて下さい!

脱毛器のメリットとデメリットは?

脱毛器を使用する上での、メリット・デメリットがあります。

その中で、脱毛器を使う際に大事になってくるポイントを紹介していきます。

自分は脱毛器を使うべきか、次のメリットとデメリットを確認して選んでいきましょう。

脱毛器のメリット3つ

始めに脱毛器のメリット3つをご紹介します。

自分にとってそのメリットをどのように感じるかをチェックしましょう。

恥ずかしい思いをすることなく脱毛できる

脱毛器のメリットの1つ目は「恥ずかしい思いをすることなく脱毛できる」というものです。

脱毛サロン・クリニックで脱毛する際に、出入りするところを同僚や友達などに見られたり、VIOなど脱毛する際にスタッフにVIO付近を見られたりと、恥ずかしいと感じる方も多いと思います。

脱毛器を使用すれば、自宅にいながら、誰の目に触れることもなく脱毛をすることが可能です。

空いた時間に脱毛できる

脱毛器のメリットの2つ目は「空いた時間に脱毛できる」というものです。

脱毛サロン・クリニックに通うとなると、毎回予約を取って、決まった時間に何度も足を運ばなくてはなりません。

ですが、家庭用脱毛器を使用すれば、空いた時間にいつでも手軽に脱毛することができます。

お仕事や家事などでなかなかサロン・クリニックに通う時間が作れない方には大変おすすめです。

コスパが良い

脱毛器のメリットの3つ目は、「コスパが良い」というものです。

専用サロン・クリニックで脱毛を行う場合、部位や店舗によって違ってくるものの、数万~数十万ほどの料金を支払う必要があります。。

対して、家庭用脱毛器を使用する場合、寿命による本体交換やカートリッジ代など別途費用がかかる場面もあるものの、

サロン・クリニックに通うよりも圧倒的に安く、より手軽に脱毛することができます。

脱毛器のデメリット3つ

ここまでメリットを紹介しましたが、デメリットももちろん存在します。

下記では、そんな脱毛器のデメリットを3つご紹介します。

そのデメリットを受けて、自分がどのように感じるかをチェックしましょう。

使い続ける必要がある


脱毛器のデメリットの1つ目は、「使い続ける必要がある」というものです。

家庭用脱毛器は、効果を実感するまでにある程度時間がかかってしまうため、今すぐに脱毛したいという方には不向きです。

また、専用サロン・クリニックのものと比べて照射力が抑えられているのと、自分で照射しなくてはいけない点から、

どうしても手間がかかってしまうのが難点です。

照射しにくい部分がある

脱毛器のデメリットの2つ目は、「照射しにくい部分がある」というものです。

背中やVIO箇所など目視で確認できない部分への照射は、慣れるまで難しいので苦労するかもしれません。

自分で処理することが難しい部分も綺麗に脱毛したいという方は、専用サロン・クリニックへ通うことをおすすめします。

下記記事ではサロン選びについてまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

メンズ光脱毛を徹底解説!&おすすめサロン3選

永久脱毛ではない

脱毛器のデメリットの3つ目は、「永久脱毛ではない」というものです。

永久脱毛は毛根部分に直接アプローチする「医療行為」になるので、専用クリニックでしか行えません。

家庭用脱毛器では毛を少なくしたり、生えるスピードを緩やかにする効果しか望めず、定期的に脱毛する必要がありますので、

完璧に毛の処理をしたい方は専門のクリニックで施術を行う方がよいでしょう。

下記記事でもクリニック選びについて紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

メンズ医療レーザー脱毛を徹底解説&おすすめクリニック3選

脱毛器のメリットデメリットまとめ

上記では、脱毛器のメリットとデメリットについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

脱毛器を使用するかどうかは、ご紹介したメリットとデメリットを踏まえた上で選んでいきましょう。

使用を考えている部位やかかってくる料金など、しっかり確認して自分のスタイルにあった脱毛器を見つけましょう!

自分に合った脱毛器を見つけるには?

脱毛器を選ぶ際に確認すべきポイントがいくつかあります。

その中で、脱毛器選びに失敗しないために重要になってくるポイントを3つご紹介します。

自分にぴったりの脱毛器を見つけるために、しっかりチェックしていきましょう。

使用可能部位を確認する


まず初めに、脱毛器を選ぶ際、最初にチェックしたいのは、「使用可能部位を確認する」という点です。

脱毛器は種類ごとに使用可能部位を設定していることがあり、使用不可の部位に使用してしまうと肌トラブルの要因になります。

特にVIO箇所など、皮膚が柔らかい部分については火傷やかぶれなどを起こしやすくなっているので、

脱毛したい部分に使用可能なのか、購入前に必ず確認しましょう。

照射面積と照射力

脱毛器を選ぶ上で次にチェックしたいのは、「照射面積と照射力」という点です。

フラッシュ式の脱毛器は産毛などの細い毛に関しては効果が薄いのですが、1度の照射で広範囲の毛を処理でき、処理時間を短縮できます。

対して、レーザー式の脱毛器は狭い範囲に集中的に照射するので、処理時間が長くなりがちですが、その分フラッシュ式に比べて効果を実感しやすいでしょう。

ですので、脱毛器の使用に慣れていない方や処理時間を短縮したい方は「フラッシュ式」、毛が濃い方や集中的に脱毛したい部位がある方は「レーザー式」など使い分けるとよいでしょう。

使用期間の長さ

脱毛器を選ぶ際にもう1つ確認しておくべきなのは、「使用期間の長さ」という点です。

脱毛器は「カートリッジ式」と「使い捨て式」の2つのタイプがあります。

カートリッジ式は使い切っても、市販のカートリッジを交換すれば、本体が故障しない限り再利用ができ、長期使用を考えるならこちらの方がお得です。

もう1つの本体交換式は使い終わったら本体を交換する必要がありますが、本体がカートリッジ式のものより低価格な場合が多く、短い期間の使用を考えている方はこちらが向いています。

また、脱毛器には何回照射できるのか初めから決められており、本体交換式のものであっても、場合によっては10年単位で使用できるものもあるので、しっかり確認しましょう。

脱毛器の選び方まとめ

これまで脱毛器を選ぶ上で重要になってくる3つの点について確認してきましたが、どう感じられたでしょうか?

脱毛器は様々な種類が存在し、使用を考えている部位や使用期間などによって、自分に最適な脱毛器は違ってきます。

上記のポイントをしっかり抑えて、自分に合った脱毛器を見つけましょう!

すね毛処理に使えるメンズ向け脱毛器のおすすめ10選

ここではAmazonなど大手ECサイトで売れ筋の人気脱毛器を10個紹介します!

どの商品が良いのか特徴を整理しているので、しっかりと確認していきましょう。

YAPAFA 脱毛器

価格 13,999円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約60万回
カートリッジ交換 不可
照射可能部位 全身

YAPAFA 脱毛器は使用と同時に肌の温度を下げることで、脱毛時の痛みや熱による不快感を抑えることに成功した肌に優しい脱毛器です。

また、脱毛以外にスキンケアとニキビ除去モードなど、美容に敏感なイマドキの男性に嬉しい機能も備わっています。

さらに、照射の手動と自動の切り替えと、付属のランプヘッドを使用することで、照射しにくい部位も簡単に脱毛することができます。

照射可能回数も自分のみの使用なら約25年分の約60万回という長寿命で、お財布にも優しいのも魅力です。

YAPAFA
13,999円~

BoSidin 脱毛器

価格 33,999円~
脱毛方式 OPT方式
※レーザー方式とIPL方式のハイブリット型
照射回数 約50万回
カートリッジ交換 不可
照射可能部位 全身

BoSidin 脱毛器は専用サロンなどで導入されている、レーザーとIPL、両方の方式の特徴を活かしたOPT方式を家庭用脱毛器で初めて搭載した脱毛器です。

それにより男性の濃い毛にも抜群の効果を発揮するだけでなく、6つの部位に応じて選べる自動モードで脱毛器に慣れていない男性も気軽に扱うことができます。

さらに、照射と同時に肌の温度を下げる独自冷却技術で、脱毛の際の痛みや不快感を気にすることなくお使いいただけます。

また、ドイツのレッド・ドット・デザイン賞を受賞した、シックで上品な見た目も魅力の1つです。

BoSidin
33,999円~

INNZA 脱毛器

価格 9,699円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約99万回
カートリッジの交換 不可(電源コード式)
照射可能部位 全身
※目の周りや唇以外

INNZA 脱毛器は広範囲への照射で短時間での処理と痛みの少なさが魅力の電源コード式脱毛器です。

手動、自動の切り替え可能で、5段階で照射力を調節できるので、肌の具合や質に合わせて使用することができます。

さらに、約99万回の照射数を誇り、家族や恋人と共有しても長い期間使用することができるのも魅力の1つです。

また、保護メガネとシェーバーも付属しているので届いてすぐに脱毛を始めることができ、他に買い足す必要がないのも嬉しいポイントです。

INNZA
9,699円~

BESTOPE 脱毛器

価格 6,999円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約90万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身

BESTOPE 脱毛器はオートショットモード搭載で手の届きづらい部位も手軽に処理することのできる脱毛器です。

5段階で照射力の調節が可能で、初心者の方で処理の痛みなどが不安な方も安心してお使いいただけます。

また、照射回数も約90万回あり、2人だと約15年、3人だと約10年買い替えなしで使用することができます。

さらに、高い実用性に加えて軽量で1度にたくさんの箇所の処理を行っても疲れにくいのもポイントです。

BESTOPE
6,999円~

ブラウン 脱毛器

価格 49,800円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約40万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身
※髭・IOライン不可

ブラウン 脱毛器は家庭用脱毛器の中でも圧倒的なパワーを誇る、高性能な脱毛器です。

また、パワーだけでなく連続フラッシュモードで照射間隔が0.5秒まで短縮できるのでより素早く脱毛することが可能です。

さらに、人間工学に基づいて作られた使いやすいデザインや光の自動調節機能も備わっており、扱いやすさも群を抜いています。

約22年分使える、約40万回の照射回数で、長期にわたってお使いいただけるのも魅力の1つです。

ブラウン
49,800円~

JIIN BISON 脱毛器

価格 11,899円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約35万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身

JIIN BISON 脱毛器は脱毛の他に美肌・ニキビケアモードも搭載した多機能脱毛器です。

また、皮膚科医と共同開発の5段階での照射力調整でより効率的に処理を行うことができます。

1度に広い範囲の照射が可能であり、肌に近づけるだけで自動的に照射してくれるので、初心者の方も安心です。

さらに、一体型の二重フィルターと専用のコンデンサーが内蔵されており、肌への負担が抑えられらているのも特徴です。

JIIN BISON
11,899円~

Honeyview 脱毛器

価格 12,999円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約99万回
カートリッジの交換 不可(電源コード式)
照射可能部位 全身

Honeyview 脱毛器は照射と同時に肌を冷やす独自の冷感機能付きで安全性が高い脱毛器です。

さらに、2種類の自動モードに5種類の照射パワーの調節により、どんな肌質の方でも効率的に処理を進めることができます。

照射範囲も広く、短時間で処理を終えることができるので、忙しい方にもぴったりです。

また、コンパクトで扱いやすいデザインと約99万回もの照射回数で、扱いやすく、長期にわたって使用することができます。

Honeyview
12,999円~

LOVE DOCK 脱毛器

価格 19,980円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約35万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身
※髭不可

LOVE DOCK 脱毛器はイギリスで設計された、アイスクール冷却機能搭載で、肌への負担を極限まで抑えた脱毛器です。

使う箇所によって、手動と自動を切り替えられ、照射パワーも5段階まで細かく設定できるのであらゆる部位を手軽に脱毛可能です。

また、内部には二重のフィルターと高性能なコンデンサーが付いており、より安全にお使い頂けます。

さらに、全身だと約15年使える、約35万回もの照射回数や操作しやすいパネルなど使い心地にも優れています。

LOVE DOCK
19,980円~

MCONY 脱毛器

価格 9,599円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約99万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身

MCONY 脱毛器は独自の冷感モード搭載で敏感肌の方も使いやすい脱毛器です。

脱毛時の肌を瞬時に冷やす「冷感モード」は、肌の損傷を和らげ、色素沈着や腫れなどの肌トラブルを防ぐ働きがあります。

また、2つのモード切替と5段階の照射レベルの調整機能付きで処理しにくい部位も簡単に脱毛することができるのも特徴です。

さらに、ボタン1つの簡単操作に加え、約99万回の照射回数で、末永くお使いいただけます。

MCONY
9,599円~

Clalufa 脱毛器

価格 16,980円~
脱毛方式 IPL方式(フラッシュ式)
照射回数 約99万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身
※男性は肩から下の体に使用可能

Clalufa 脱毛器は脱毛以外にも、スキンケアとニキビ除去の美肌機能を兼ね備えた高性能な脱毛器です。

脱毛に関しても、サロンに匹敵する強力なパワーを持ち、効果を実感しやすくなっています。

また、肌質、毛質に合わせて9段階の照射力調節が可能であり、手動、自動を切り替えを合わせることにより、脱毛しにくい箇所も容易に処理することができます。

さらに、冷却クーリング機能も搭載で、脱毛時の腫れや痛みを軽減し、快適な脱毛を実現します。

Clalufa
16,980円~円~

まとめ:自分に合った脱毛器を見つけよう

おすすめの脱毛器を10商品ほど紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

処理したい体の部位や使用期間はどれくらいを考えているかなどから自分にぴったりの脱毛器は変わってきます。

ですので、自分に最適な脱毛器を選ぶためには、情報を集めて、自分に合うのかどうか考えていくことが重要です。

長い期間快適に使うことのできる脱毛器を見つけられるよう、ぜひ当記事も活用してくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。