VIO・アンダーヘアに使えるメンズ向け脱毛器10選!おすすめの売れ筋商品はコレ!

VIO・アンダーヘアに使えるメンズ向け脱毛器はどのようなものがおすすめなのでしょうか?

この記事では、Amazonなど大手サイトで売れ筋のVIO・アンダーヘアに使えるメンズ向け脱毛器を10個ほどご紹介します!

それだけでなく脱毛器の基礎知識やメリット・デメリットなども紹介します。

VIO・アンダーヘアに使えるメンズ向け脱毛器選びにお悩みの方はぜひチェックしてくださいね。

ツルリオ編集長

ツルリオ編集長

メンズ脱毛専門家

ヒゲをゴリラクリニック、肛門周りをメンズリゼ、ヒザ上下をRINXで脱毛して快適な日々を送っています。

脱毛器とは?

脱毛器とは、レーザーや光を用いて、ムダ毛を処理する専用器具のことを言います。

家庭用脱毛器はサロンのものより出力レベルが控えめですが、知識が無くても手軽に脱毛ができると近年話題になっています。

VIOラインにも使える家庭用脱毛器も増えているので、忙しい方やサロンに行くのに抵抗がある方などには家庭用脱毛器を試してみるのがおすすめです。

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器は大きく分けて、「フラッシュ式」と「レーザー式」の2つに分けられます。

使いたい箇所などに合わせて選んでいくことが重要です。

それぞれの特徴を順番に確認していきましょう。

フラッシュ式脱毛器

フラッシュ式の脱毛器は肌に光を照射して、毛根に熱によるダメージを加えることで脱毛していく脱毛器です。

レーザー式より照射範囲が広く、一度に広範囲の処理ができ、痛みも感じにくいのがポイントの1つです。

ただし、産毛など細い毛などには反応しづらく、処理しきれない可能性もあります。

レーザー式の脱毛器

レーザー式の脱毛器はレーザーを肌に照射することで、毛を育てている毛乳頭にダメージを与えることで脱毛していく脱毛器です。

レーザー式はピンポイントでムダ毛を狙い撃ちすることができるので、フラッシュ式に比べて、効果を実感しやすいのが特徴です。

ただし、照射範囲が狭く、処理に時間がかかってしまうのと、フラッシュ式に比べて、痛みが出やすいので注意が必要です。

脱毛器はVIO・アンダーヘアに使っても大丈夫?

VIO・アンダーヘアなど肌が柔らかく、デリケートな箇所に脱毛器を使用することに不安を覚える方もいると思います。

ですが、近年VIO・アンダーヘアに対応している機種も増えており、正しく扱えばそれほどリスクもなく脱毛を行うことができます。

ただ、デリケートな箇所に使用する際は、ご自身の肌質や目的に合わせて選んでいく必要があります。

間違った使い方や脱毛効果の強すぎるものなどを使ってしまうと、肌のトラブルや色素沈着の原因にもなりますので慎重に選びましょう。

脱毛器の基礎知識まとめ

脱毛器の基礎知識について確認してきましたが、いかがだったでしょうか?

脱毛器は手軽に脱毛できる反面、肌トラブルなどを引き起こす場合もあります。

ご自身の肌や目的に合わせて自分にぴったりな脱毛器を見つけてください!

脱毛器のメリットとデメリットは?

脱毛器のメリットとデメリットは両方存在します。

その中で、脱毛器を使う上で重要なものを紹介していきます。

自分は脱毛器を使った方がよいのか、次のメリットとデメリットを確認して選んでいきましょう。

脱毛器のメリット3つ

はじめに脱毛器のメリット3つをご紹介します。

自分にとってそのメリットをどのように感じるかをチェックしましょう。

自宅でこっそり脱毛できる

脱毛器のメリットの1つ目は「自宅でこっそり脱毛できる」というものです。

脱毛サロンで、特にVIO・アンダーヘアなど、デリケートな箇所を、スタッフに見られるのは恥ずかしいという方も多いと思います。

脱毛器であれば、自宅で誰に見られることもなく、リラックスしながら脱毛をすることができます。

好きなタイミングで脱毛できる

脱毛器のメリットの2つ目は「好きなタイミングで脱毛できる」というものです。

脱毛サロンで脱毛する場合、予約を取って、決められた時間に何度も足を運ばなくてはなりません。

ですが、脱毛器であれば自分の好きな場所・時間に手軽に脱毛することができます。

お仕事が忙しい方や、家事・育児でサロンに行く時間がない方にはおすすめです。

お財布にも優しい


脱毛器のメリットの3つ目は、「お財布にも優しい」というものです。

脱毛サロンへ通う場合、箇所にもよりますが、数万~数十万ほどの費用が掛かってきます。

脱毛器の場合、メンテナンス費やカートリッジの交換費用など多少の費用は掛かりますが、

高額のローンなどを組む必要がなく経済的にも優しく、より気軽に脱毛することができます。

脱毛器のデメリット3つ

続いて脱毛器のデメリットを3つ確認していきましょう。

自分にとってそのデメリットをどのように感じるかをチェックしましょう。

時間と手間がかかる


脱毛器のデメリットの1つ目は、「時間と手間がかかる」というものです。

脱毛器の場合、1週間に1度か2度ほどのペースで照射を行う必要があり、どうしても手間がかかってしまいます。

また、脱毛サロンで使う脱毛器に比べて、家庭用脱毛器は照射力が低いので、

脱毛効果を実感するのに、時間がかかるのも特徴の1つです。

手の届く範囲しか処理できない

脱毛器のデメリットの2つ目は、「手の届く範囲しか処理できない」というものです。

背中など自分の手が届かない箇所への照射はムラなく、綺麗に脱毛することが難しいので注意が必要です。

自分では見えない箇所も脱毛したい方は脱毛サロンに通うほうがよいでしょう。

メンズ光脱毛を徹底解説!&おすすめサロン3選

永久脱毛はできない

脱毛器のデメリットの3つ目は、「永久脱毛はできない」というものです。

永久脱毛は毛根にある組織に直接ダメージを与える必要がある「医療行為」にあたるので、クリニックでないと行うことができません。

家庭用脱毛器では毛を減らしたり、生えにくくする効果しか望めませんので、

完全にムダ毛を処理したい方は専門のクリニックに通われることをお勧めします。

下記記事でもクリニック選びについてまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

メンズ医療レーザー脱毛を徹底解説&おすすめクリニック3選

脱毛器のメリットデメリットまとめ

ここまで脱毛器のメリットとデメリットについてまとめていきましたが、いかがだったでしょうか?

脱毛器を使うべきかそうでないかは、これらのメリットとデメリットを踏まえた上でしっかりチェックしていきましょう。

用途に合わせて、ご自身にぴったりな脱毛器を見つけられるように、ぜひ確認してみて下さい!

脱毛器の選び方はコレ!

脱毛器を選ぶ上で注意すべき点はどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは脱毛器を選ぶ上で特に注意すべき点を3つ紹介いたします。

脱毛器選びで失敗しないためにもしっかりチェックをしてください。

使用できる部位はどこか

脱毛器を選ぶ上でまず最初にチェックしたいのは、「使用できる部位はどこか」という点です。

脱毛器は機種ごとに使用していい箇所の制限などがある場合も多く、使用不可の箇所に照射してしまうとトラブルの原因になります。

特にVIOラインなど、デリケートな箇所についてはケガや黒ずみなどの原因になりやすいので、

使用したい場所に対応しているか、必ずチェックしてから購入するようにしましょう。

照射範囲と照射の強弱

脱毛器を選ぶ上で次にチェックしたいのは、「照射範囲と照射の強弱」という点です。

フラッシュ式の脱毛器は効果が弱いですが、照射範囲が広く、1度に広い範囲を処理することができるのに対し、

レーザー式の脱毛器はピンポイントの照射のため、処理に手間がかかりますが、高い脱毛効果を得ることができます。

ですので、初心者の方や処理の時間を短くしたい方は「フラッシュ式」、ピンポイントで照射したい箇所がある方は「レーザー式」を用途に合わせて選びましょう。

使用期間はどのくらいか

脱毛器を選ぶ際にもう1つチェックしておくべきなのは、「使用期間はどのくらいか」という点です。

脱毛器は主に「カートリッジ式」と「本体交換式」の2種類があります。

カートリッジ式は使い終わったら、カートリッジを交換するだけで、半永久的に使用できますので、長い目で見るとコストを安く抑えることができます。

それに対して、本体交換式は使い切りのタイプになり、本体自身も安い傾向にあるので短期的に使いたい方にはおすすめです。

また、脱毛器には照射回数の上限が設定されており、使用期間の目安にもなりますので、合わせてチェックしましょう。

脱毛器の選び方まとめ

脱毛器を選ぶ上で確認すべきいくつかのポイントをチェックしてきましたが、いかがだったでしょうか?

脱毛器は脱毛サロンなどよりは安価に脱毛することができますが、決して安い買い物ではないことも確かです。

ここまで確認してきた情報を元に、末永く愛せる脱毛器を見つけてみて下さい!

VIO・アンダーヘアに使えるメンズ向け脱毛器のおすすめ10選

ここではAmazonなど大手ECサイトで売れ筋の人気脱毛器を10個紹介します!

どの商品が良いのか特徴を整理しているので、しっかりと確認していきましょう。

BoSidin 脱毛器

価格 33,999円~
脱毛方式 OPT方式
※レーザー方式とIPL方式のハイブリット型
照射回数 約50万回
カートリッジ交換 不可
照射可能部位 全身

BoSidin 脱毛器はサロンなどでも使われる、レーザー方式とIPL方式の両方のメリットを活かしたOPT方式を採用した脱毛器です。

美容専門家と共同開発した6つの出力モードで手軽にサロン級の脱毛を行うことができます。

また、照射面を瞬間冷却するダイナミック冷却機能搭載で、脱毛の際の痛みに悩んでいた方も安心してお使いいただけます。

さらに照射ヘッドが180度回転するので、光を当てにくい部位でもしっかりフィットします。

BoSidin
33,999円~

YAPAFA 脱毛器

価格 13,999円~
脱毛方式 IPL方式
照射回数 約60万回
カートリッジ交換 不要
照射可能部位 全身

YAPAFA 脱毛器は独自の冷却技術により、痛みや熱さを極限まで抑え込むことに成功した脱毛器です。

肌表面の温度を下げながら脱毛するので、痛みはもちろん、肌へのダメージも軽減します。

また、狭い範囲にピンポイントで照射するモードと広範囲に照射するモードの2種類搭載しているので、あらゆる部位の脱毛がしやすくなっています。

さらに、全身の脱毛なら約25年分、部分的な脱毛なら45年分以上使える約60万回もの照射回数があるので、末永くお使いいただけます。

YAPAFA
13,999円~

Hatsubi 脱毛器

価格 12,899円~
脱毛方式 IPL方式
照射回数 約50万回
カートリッジの交換 可能
照射可能部位 全身

Hatsubi 脱毛器はボタン1つで脱毛することができる簡単操作が魅力の脱毛器です。

人間工学に基づいた握りやすいコンパクトなサイズ感で、手首の負担を抑えながら脱毛することができます。

さらに、約50万回の照射回数に加え、美顔効果が期待できる美肌照射も約20万回分搭載で末永くお使いいただけます。

また、肌に密着していない状態では照射できないロック機能も搭載しているので、初心者の方にもおすすめできます。

Hatsubi
12,899円~

Roalli 脱毛器

価格 22,800円~
脱毛方式 IPL方式
照射回数 約60万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身

Roalli 脱毛器は360度全方位冷却技術により、痛み、ほてりなどを出来る限り抑えることを可能にした脱毛器です。

処理中に3℃の保冷層を形成し、温度を下げるので、処理中の痛みや処理後の火照りなどを軽減します。

また、上部に取り付けられたタッチスクリーンによって、簡単に操作することができるのも魅力です。

さらに脱毛器自体も高性能の放熱システムが備わっているので、長い期間お使いいただけます。

Roalli
22,800円~

DOODOO 脱毛器

価格 9,999円~
脱毛方式 IPL方式
照射回数 約50万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身

DOODOO 脱毛器は200gの超軽量でコンパクトな見た目がかわいい脱毛器です。

その軽量さで、長時間の使用でも疲れを感じづらいのが特徴です。

また、軽量なだけでなく5段階照射強度を切り替えることが可能なので扱いやすさも抜群です。

さらに、照射回数約100万回の長寿命で、家族と共有しても長期間使うことができます。

DOODOO
9,999円~

XIER 脱毛器

価格 9,280円~
脱毛方式 IPL方式
照射回数 約70万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身

XIER 脱毛器は2種類の照射モード搭載で初心者でも簡単に操作できるのが魅力の脱毛器です。

照射モードの切り替えで全身の脱毛が可能なだけでなく、肌色に応じて5段階でレベル調節が可能でさらに扱いやすくなっています。

さらに、軽すぎず重すぎない丁度いいサイズ感で、持ち運びも楽々。

また、照射回数約70万回の長寿命で末永くお使いいただけます。

NOONKIY
9,280円~

Jionike 脱毛器

価格 19,990円~
脱毛方式 IPL方式
照射回数 無制限
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身

Jionike 脱毛器は照射回数が無制限なのが魅力の脱毛器です。

脱毛器が故障しない限りは、半永久的に使用できるので、長期間使いたい方や家族と共有したい方におすすめです。

また、脱毛と同時にクーリング機能で冷やしてくれるので、毛穴の開きを防いでくれます。

カートリッジを別で交換したり、ジェルや保冷剤を使うことなく使用することができるので、敏感肌の方も安全にお使いいただけます。

Jionike
19,990円~

AUMI 脱毛器

価格 13,980円~
脱毛方式 IPL方式
照射回数 約50万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身
※目や額周辺は不可

AUMI 脱毛器は皮膚科などで使われるIPL方式を採用した高性能な脱毛器です。

照射強度を5段階に変更可能なので肌色に合わせて最適なレベルに調節することができます。

また、50万回以上の照射回数で、家族と共有しても長い期間にわたって使用することができます。

さらに、人間工学に基づいたデザインで、手の小さい方でも快適に使うことができます。

AUMI
13,980円~

YAMANGU 脱毛器

価格 23,880円~
脱毛方式 IPL方式
照射回数 約45万回
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身

YAMANGU 脱毛器はイギリスの美容会社が開発した、独自の冷却装置が魅力の脱毛器です。

肌に光が照射された瞬間に冷却され、痛みを抑え、毛穴を引き締めることでなめらかな肌へ導いてくれます。

また、自動と手動の2種類の照射モード搭載で、どの部位でもスムーズに脱毛することができます。

さらに、約45万回の長寿命で、末永くお使いいただけます。

Honeyview
23,880円~

YIHAI 脱毛器

価格 14,800円~
脱毛方式 IPL方式
照射回数 約99万回以上
カートリッジの交換 不可
照射可能部位 全身

YIHAI 脱毛器は360度全方位の冷感脱毛が魅力の脱毛器です。

脱毛と同時に氷感回復を行うことで、痛みや不快感を軽減します。

さらに、2つの照射モードの、5段階の照射強度の切り替えであらゆる部位を簡単に脱毛することが可能です。

また、99万回以上の照射回数を誇り、家族と共有しても、長い期間使うことができます。

FASIZ
14,800円~円~

まとめ:自分にぴったりの脱毛器を見つけよう

脱毛器を10商品ほど紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ご自身の肌質や用途に応じて、最適な脱毛器は変わってきます。

そのため、自分に合う脱毛器を見つけるのは、しっかりとした情報収集と下調べが大切です。

長く使い続けられる脱毛器を見つけられるよう、ぜひ当記事も活用してくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。